小説投稿サイト「セルバンテス」が正式にオープン

ベータ公開の段階でアカウントを取らせてもらってた、Web小説投稿サイト「セルバンテス」さんが、正式に公開されていました。

zero(椎堂かおる)プロフィール@セルバンテス

フォローしてくださる方は、上記リンクからお願いします。

本館の投稿先リストからリンク常設してますので、そこから跳んでいただいても大丈夫です。私のセルバンテスさんでの活動量は、そんなに多くはできないと思います。様子見です。

続きを読む →

「三都幻妖夜話」専用のWeb拍手と、お礼画面を9パターン作成しました

長年、リアクションいただくためにWeb拍手を使わせてもらっています。ログインいらずで、匿名で、1クリックするだけで応援してもらえるので、気軽に使ってもらえてありがたいです。

でも1アカウントしかない上、拍手ボタンをあちこちに設置してしまい、せっかく押していただいても、どの作品への応援をもらってるのか正直まったく分かりません(;´∀`)

「三都幻妖夜話」専用の拍手を新設してきました。投稿サイト様での作品ページに置くのは今後はこちらを使おうと思います。(TEAR DROP.に置いてあるのは従来どおり全作品向けです)

三都幻妖夜話」に拍手

(※追記: 拍手ボタンが正しく機能していませんでした。修正しました。押してくださった方々、申し訳ありません!)

この拍手ボタン用に、Web活動歴20年にして始めて、お礼画面を複数用意してみました。私にしては快挙です。

続きを読む →

選ぶだけでいい感想合成ツールの妄想と、ざっくり短歌メーカー

Web小説の感想書きたいけど何て書いていいかわからない。作者さんに失礼があったり傷つけちゃったりしたら困るし書きたくない。とにかく面倒である。

あるいは、通勤・通学中にスマホで読んでたし、あと2分で電車が駅着いちゃう、感想入力してる暇なんかない。読むだけでも、ほぼほぼ時間いっぱいいっぱいです。

などでお困りの読者様もいらっしゃるだろうと、ふと思いまして。選ぶだけで感想文っぽいものが合成できる感想ツールがあったら便利なのになあ……と妄想中です。(考えるだけ)

続きを読む →

Web拍手お返事:コメントをSS名刺で残す

いつもWeb拍手を押してくださる皆様、ありがとうございます。
コメントもとても励みになります。

拍手やコメントのログはWeb拍手さんの管理画面で見られるのですが、ふと思いついてコメントからの一部抜粋をSS名刺にしてみました。お返事のときにも表示したいと思いますが主に私が創作手帳に貼って英気を養う目的です。

続きを読む →

Picrewで気軽にキャラクラーイラストを作る

イラストのパーツを組み合わせて合成イラストを作るサービス
Picrew https://picrew.me さんで遊んできました。

ワンワンだよ!!

Picrewの「元気な犬」でつくったよ! https://picrew.me/share?cd=vnaiJAJBdK

犬もいいけど、人物キャラクターもできます。そっちがメインです。

朧ちゃんだよ!

拙作「三都幻妖夜話 白川編」の語り部主人公、望月怜司のイメージをカタチにしてみました。サクサクっとやれば5分もかからずできてしまいます。

続きを読む →

Twitterで励ましを求める

一人で頑張るのが辛かったので、Twitterで不特定多数の方に励ましを強請りました。

案外たくさんの方が気軽に励ましてくださり、ありがたかったです。自分で当初思ってたよりも、すごく励みになりました。皆様ありがとうございました。

続きを読む →

TwitterでのWeb小説の宣伝形式について考える

カクヨム等の小説投稿サイトに公開した作品を読んでもらうためには宣伝が必要ですが、投稿サイト内部だけでは集客の動線が細い場合が多いので、Twitterなどの外部で作品を宣伝するのが通常のようです。

Twitterではどのような形式で作品の宣伝をするのがいいのでしょうか。
他の方のツイートを見習って、いくつか試してみました。

続きを読む →

完結作品の宣伝機会について。fujossyでのコンテスト参加と、その影響。

課題レポートかっていうタイトルになってしまいました。

ボーイズラブ専門の投稿サイトさんfujossyにて拙作を公開しています。
先日、無事に「三都幻妖夜話(1)京都編」の連載が完結し、その完結効果なのか、日頃より多くのアクセスをいただきました。

具体的にはこうです。

画像はアクセス数グラフで、①が完結した当日10/24(水)です。
その日をピークとして、10/28(日)までの5日間は、アクセス数が普段の3倍ぐらいの高い値で続きますが、週明けて月曜にはグラフ中②で、ほぼ0みたいに(実際には4〜1)なっていますね。

続きを読む →