明治時代の京都写真のギャラリーに大正〜昭和のお写真も

暑すぎて地上を歩けない京都市内ですので、(嘘です歩けます)四条通の地下道を歩いておりますと、そこで明治150年記念「みんなの写真展~四条地下道タイムトンネル~」というイベントが開催されていました。

こんな感じ。

今年、平成30年は明治元年より150年。
京都が都やのうなって150年ということです。そうなのかー。

ぐぐってみますと、明治150年 京都のキセキという公式サイトが開設され、京都市内でいろいろな催しがあるみたいです。

そこの「プロジェクトについて」というページを参照しますと、

京都は明治維新で都の地位を失い,人口の3分の1が減少するなど,大きな危機に直面。「京都はいずれキツネやタヌキのすみかになる」といわれたそうです。

とあり、うわわわわ……という感じが。当時の京都の人たちの「もう終わりや」みたいな毒舌がまざまざと想像できました。「京もえろう寂れてもうて、そのうち狐か狸くらいしかいいひんようになるわ」みたいなやつですね? リアル……(汗)

都という意味では、盆地に位置する京都には都市機能に限界もあり、遷都もやむなしと私なんかは余所者ですから思いますが、今では京都は観光都市として、人多すぎの状態なので、キツネやタヌキ以外もたくさん居て、賑やかでよかったですね。

四条の地下道のは、明治がメインの写真展ですが、白川編の参考になりそうな大正〜昭和の写真もあって、ありがたいなあと拝んできました。

この四条大橋の写真は、撮影時期が昭和10〜15年と推定されていて、白川編が昭和16年に幕開ける物語として設定していますので、作品に登場する四条大橋はこんな様子だっただろうと思います。

鴨川の流れが今より水量が多いように見えます。市電が走っていて、車も走ってますが、今よりずうっと少なくて、人々は着物の人が多く、でも洋装の人も稀ではないぐらいにいますね。橋の左側の歩道には洋装の幼児を連れて歩いてる女性もいて、可愛らしい様子です。この子はご存命かもしれないですよね。当時5歳ぐらいだったとして、1940年だったとしたら、今現在83歳でいらっしゃるわけで。

こちらは昭和10年、新京極通りとのことで。ふれあいタウン新京極にアーケードがない! 未舗装です。そして映画館がずらりと。話には聞いてましたが、こんなふうだったんですね。左手前には学生服に下駄の男の子。京大生? 日傘さした粋な横段の着物の女性の前には洋装の女性も。右側の奥にも、洋装のワンピースに帽子の女性と、着物の女性が。なんというシュッとした着姿でしょうか。お振りも少し長めに見えます。右手前には、なぜか振り返って二度見してるっぽい袴姿の女学生さん(?)がいてはりますね。すれ違った二人がおしゃれだったからでしょうか。

提灯に祇園社(八坂神社)の紋が入ってますね。祇園祭の頃でしょうか。
この頃の巡行ルートは、この新京極通りの隣の寺町通りを通っていたと聞きます。今は河原町通を通り御池通へ進んでいますね。

そしてこちらは、昭和2年とのことで、場所は岡崎の動物園です。
素敵な着物姿に日傘の女性が二人写っています。束髪と日本髪ですね。

納涼夜間開園の日の写真とのことで、噴水の池に龍虎のオブジェが。京都市動物園には今も池があるんですが、これ、同じ池?

この動物園の写真は、撮影用のモデルさんが写っているのかもしれないんですが、すごく美しい着姿です。隙きのない襟合わせ。

新京極通の写真の袴の女性も襟合わせがきっちりですね。たぶん、こちらの写真は通りすがりの人が急に撮影されたのにですね。ワンピースの女性と歩く白地の着物の女性も、帯は胸高のお太鼓結びで、お端折りの下線がぴっちり定規で引いたような水平の直線です。まさに絵に描いたような裾窄まりでですね。なんて着付けが上手な人なんや……。

昔の日本人には着物は日常着で、ゆるっと着てた。気崩れたり、襟がゆったり目だったり、とにかく現代の着物モデルさんみたいな着付けじゃなかったんだという話も聞くんですが、この頃の新京極がハレの場だったのもあるんでしょうか。着物モデルさんみたいな完璧な着姿で、びっくりしました。女学生もモデルさんみたい。本当にこれで生活してたんでしょうかね?

いつの時代も、おしゃれな人は、おしゃれだったんだなあ。

などなど、楽しく拝見しました。

展示されている写真はもっと沢山ありますし、明治の頃の京都も興味深いです。皆様も行ってみてくださいね。面白いですよ。

はばタンと神戸タータンとポートタワー野帳

去る週末に用事があって梅田に行ってきました。通りすがった茶屋町で、ひょうごフェアが開催中で、不死鳥のゆるキャラ「はばタン」と久しぶりに出会えました。

三都幻妖夜話の神戸編を書いてた時期に、神戸に不死鳥のゆるキャラがいるよって、読者様に教えてもらって知ったんです。

可愛い、はばタン。そして緩い。

ガラポンしたら残念賞で、はばタンのメモ帳とシールをいただきました。ありがとう! 手帳にシール貼るよ。

神戸タータンのボールペンと、ナガサワ文具梅田茶屋町店さんで買った、箔押し測量野帳のポートタワーの絵のやつも写真をUPしたかったのに、アップローダの容量制限を超えてた……。

使いこなせてないWord press。

UPできました。スマホの画像圧縮アプリを探して使ってみたら、アップローダでUPきるようになったの。そんなことからコツコツ経験です。

ふと見れば顔

三つの点が集まったものが顔に見える現象をシミュラクラ現象って言うんだそうです。私はその顔に見えるものを探すのが昔から好きなんですが。

これどう?

これ、うちにあるダスキンのゴミを吸う機材のノズルの先なんですが。我が家では普段は挿しっぱなしで滅多に抜かないんです。

それを今回、抜く用事があって、もう何年も使ってるのに初めて気づきました。

表にも裏にも顔があって、なんか笑えてしょうがない。これ絶対、狙ってるプロダクトデザインなんですよね? 違うの!? シミュラクラ……?

小説投稿マグネット

マグネット(https://www.magnet-novels.com)という小説投稿サイトさんにアカウントを取って見学してきました。

読者さんに読了ポイントがついたり、集めた読了ポイントで作品を応援したりできる、一風変わった新しいサイトさん。

個人的にはちょっと分かりにくいところもあって様子見ですが、面白いです。

オンノベを読む人が活躍できる楽しみがあるといいなあと前々から思っていたので、こういう手もあるなあと思いました。

FLEXNOTE フレックスノートでディスクバインドに親しむ

FLEXNOTE フレックスノートを購入。Amazon注文で。
雑誌「趣味の文具箱」での紹介を見て、発売前から気になっていたもの。

A5サイズのスターターキット。

ディスクバインドという独特の綴じ具でリフィルを閉じてあるノートで、バインダーやシステム手帳と同様、リフィルを一枚ずつ外したり、また綴じたりできる。
使い勝手はバインダーよりも、リングノートに似ている感じ。

このアルミ製の車輪みたいなので、リフィルを綴るのです。
リングは見かけよりもずっと軽いです。A5リフィル用は7個セット。

逆T字型の穴というか切り欠きが紙にあって、その隙間にディスクを挟み込む感じです。千切れたリング綴じノートをリングに戻す感覚に近いですが、見かけよりしっかり綴じられていて、きちんと装着すればリフィルの脱落はなさそう。

続きを読む →

ぷんぷく堂さんの、ふたふで小箱

先日、紙博 in 京都での購入品。アツい日だった、いろいろ。
気温もめちゃめちゃ高くて、みやこめっせ前で溶けるかと思いました。

紙博には初めて行きましたが、あんなに盛況なものだとは思わず、びっくり。
混雑が苦手なんですが、でも楽しい文房具がいろいろで、娘たちと満喫しました。

ぷんぷく堂さんで購入した、ふたふで小箱。
小日向さん監修の、ふたふで箋のアソートパック付き。

なぜか写真をWordPressにUPできなかったんだけど、この箱には、ほぼ日手帳オリジナルサイズがカバー付きで、いい感じに入るので嬉しいです。意味もなく仕舞う。

ぷんぷく堂さんの実店舗には、遠方のためお邪魔したことないですが、紙博のブースではちょっと来店気分を味わえました。

なお、ぷんぷく堂さんの商品は、Amazonでも買えます

WordPressテーマCocoonのインストールに案外、手間取る。

我が友しまもさんに勧めてもらったWordPressテーマ「Cocoon」のインストールを試みるも、導入すると、サイトのトップ画面が真っ白になるエラーで行き止まってる。

現象としては、これに似ている。

原因は私の技術水準では良く分からない。

サポートフォーラムで見たこの質問「wordpressのマルチサイトで問題が・・・が気になる。これの類型的なトラブルか?
このスレッドで「解決済み」となっているバグフィックス版をインストールしたけど、それでも解決しなかった。

あーこれ簡単には終わらんな?

うちのサイト、ロリポップでマルチドメイン運用だ。
そこに何一つ深くは考えず、WordPressを2個インストールしてある。

ロリポップでマルチドメイン設定してドメインごとにWordPressを複数インストールする方法

図らずもこの状態。(テキトーにやったら出来てた)

そのせいで不具合が出てるのか、な? という予感……までは行ったが、私の技術力でこれ以上WordPress沼に浸かるのは、時間を食いすぎて本末転倒する。この種の技術的な手間ひまを省くためにWordPressを導入したのだが、2個置いちゃったのが間違いだったな!

他のテーマなら問題なく表示されてるので、ちょっと残念だけど、動くやつで動かすことにするよ。

執筆だけに注力することにいたしましょう。

解決できる時間か技術か気合が備わったら、またチャレンジしてみる。

カクヨムでの読者様ナビゲーション問題

カクヨムで連載小説を読んでもらった後に、後書きや裏話があるなら、あるよってご案内したいのだが、見たいなっていう方には便利で、逆に、興味ないよって方にとってウザくないようにナビゲーションする上手い方法がないでしょうかね?

とりあえず、白川編の最後にいつも
次号に続く。(更新予定などお知らせ)
というページが表示されるようにしてみようかなと思います。

続きを読む →

オンノベToDo

オンノベでやりたいことリスト。忘れませんように!

  • 本館に「管理人のブックマーク」ページを作りたい。
    いわゆる昔のリンクコーナーです。
    サイト持ちの方を自分が巡回できるようにしたい。
  • 白川編の宣材用のフリー写真素材を探したい。
    京都っぽいやつ。(京都在住だが自分で撮るのは諦めた)
  • 白川編を脱稿できたら次は……
    1. 「名君双六」あとオチだけやないか
    2. 「くだんの件」神戸編以後のオムニバス続編の習作
    3. 「熱砂の海流」も何とかしたい。乙女堂作品だがオチが欲しい。
    4. 「カルテット 学院編」本編です。
  • 思ったことがダダ漏れ感想」@カクヨム
    いろいろ読んでダダ漏れに書く
  • 投稿サイトに置いてる原稿の1ページ文字数が多すぎるのを何とかする。