分岐するリレー小説サイト「パラレルノベル」さんに行ってみた

 Twitterで新設を知った「パラレルノベル」さんに遊びに行ってみました。

 分岐する小説をリレー小説として執筆できるサイトさんです。

 複数の書き手さんで交代して続きを書いていくのがリレー小説ですが、パラレルノベルさんでは、ただ続きを書くだけでなく、前の人が書いたのとは別の展開の平行世界(パラレルワールド)にあたる分岐を作れるようになっていて、それぞれ違った無限の展開がありうる〜という仕組みです。

 今日、2020年5月26日の段階では、まだサービスが始まったばかりなので、じょじょにページが作られて行っている状態で、まだ序盤という感じがします。今後どんどん平行世界が広がっていくんでしょうか。楽しみです。

 こういう書く遊びが大好きなので、自分も参加してみたいんですが、今はまだ様子見しています。そのうち書いてるかもしれません。

ライブ執筆ができるLive Novelさんに遊びにいってみました

ライブ執筆しながら、ギャラリーの読者さんとチャットができるサービス「Live Novel」さんに遊びにいってみました。

作者さんが執筆するのを読者さんが監視する装置……ではなく、書き手さんと読み手さんの距離を縮めて、ワイワイ楽しくWeb小説作りをするツールだそうです。

日々ぐいぐいバージョンアップされていて、総執筆時間と文字数が表示されるようになっていました。これ、作者監視装置じゃないんですかね……?

そこは気の持ちようです!!

書き手さんが執筆ルームを作って、そこで文章を入力すると、それがそのままリアルタイムで表示されて、ログも残る仕組みです。読者さんはリアルタイムでじょじょに文字数が増えていくのを読むこともできるし、書き手さんがログを消さなければ後からログで読むこともできるみたいです。

皆さん、そこで草稿を書いて、投稿サイトなどに持って行って正式公開なさるようです。

私も使用感を知りたくてルーム一個作ってきました。

zeroの執筆ルーム:そのころ現場では

ルームは複数作れるので、作品ごとに別々のルームを用意することもできるそうです。

読者さんがスタンプで応援したりもできるみたいです。私が試用した時はボッチ執筆だったので、読者さんに見守られつつ書くのがどんな感じかはまだ全然わからないのですが。

めちゃくちゃ緊張するやんか?

いずれそんな機会もあるといいなと思います。(が怖いw)

ステキブンゲイさんにアカウント取ってみました

新しい小説投稿サイトさんがオープンしたとtwitterで知ったので、中身を見たくてアカウント取ってきました。

ステキブンゲイ(https://sutekibungei.com)

私のアカウントです:zero

他のWeb小説サイトさんでは見つけにくいようなジャンルの作品が盛んになるようでしたら、ぜひ利用したいと思います。そういう期待が持てる雰囲気ではあるような?

楽しみです。

別名活動っていうのをやってみる

私はインターネット参入以来ずっと固定ハンドルです。
ずっと「TEAR DROP.のzero-zeroです」と名乗ってきました。もしくは筆名の「椎堂かおる」を名乗っています。別名での趣味活動はしていません。

ちょっと別名でもWeb小説の世界をさまよってみたくなったので、全然違う名前で投稿サイトにアカウントをとってみました。

monogatary.com

こちらに。

続きを読む →

少女小説系Web小説の読者グループを作ってみました。ひっそりしています。

無料ホームページ作成サービス「WOX」さんを利用して、少女小説系のWeb小説の感想を内輪でぼそぼそ語り合うための読者グループを作ってみました。

Reader’s Paradise」です

参加もできますので、よろしければtwitterでDMください。
このツイートのリプツリーをご参照ください

DMはちょっとという方向けのメールフォームも作りました
(届いたら必ずお返事しますので、返信がない場合はメール事故かもしれません)

グループ発足に至る詳しい経緯は、リーダーズグループ用のサイトのブログに書きました。

続きを読む →

ファンティアにアカウント取ってみました

とらのあなさん運営のクリエイター支援機能「ファンティア」にアカウント取得してみました。

いわゆるファンクラブ機能というものです。

乙女堂 https://fantia.jp/otomedo

作品の読者さまに情報配信したり、交流したりする機能を会員制でできたら便利だなと思いまして。

続きを読む →