「王宮の孤児たち」web拍手お返事

2021年の終わりになって急に書き始めた「王宮の孤児たち」ですが、皆様の応援のおかげで今のところ何とか執筆快調です。ありがとうございます。

書き上がった原稿はカクヨムピクシブに定期的に移していますが、書けてすぐのものはぷらいべったーにUPしていますので、最新分はぷらいべったーでお読みください。

拍手コメントをいただきましたので、この時期の続きでお返事を書きます。

12/27 23:14 「それじゃあ俺は大馬鹿者なんだ」で、思わずフフっとなりました。

「第13話 玉座の間《ダロワージ》」のワンシーンですね。読んでくださってありがとうございます。親子の会話に突然入ってくるエル・ギリスでした。

それまで描写にギリスの行動が出てこないので何してたんだろって感じですが、ごはん食べてたんでしょうか。それでも一応、話は聞いてたんでしょうね。

ギリスは生まれつき痛みや恐怖を感じないという設定で、一般的な魔法戦士ともズレてるんですけど、スィグルとは支え合える部分も多くて、良いバディです。

ギリスがちょっと変わった子なんだというのを、「王宮の孤児たち」ではあまり具体的には書いてないなと思いつつ、書いている自分も彼のことがまだよく分からない面もあるので、書きながら手探りで本編のギリスを創っていこうかなと思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。